アフェリエイト

海外移住にぴったりな仕事は?時間と場所にとらわれない働き方を紹介します!

水野ちか
水野ちか
こんにちは!今日は近所のカフェで仕事をしている水野です。
ここはすごくモチベーションが上がる場所でもあるんです!

企業に属すことなくどこでも働くことができる環境は本当にありがたいと思っています( ;∀;)

さて、今回は海外移住したい人に向けて、「どんな仕事があるのか」海外移住に向いている仕事についてご紹介していきたいと思います!

海外で仕事をする方法は、「現地で雇われる」「現地で採用される」「海外赴任で転勤する」といった、どこかの企業に属して働く方法がまず思い浮かぶかもしれません。

確かにそれが一番手っ取り早いといえば手っ取り早い。

でも、海外移住する目的が「家族で自由に暮らしたい」「子供をインターナショナルスクールに通わせたい」「子供との時間を大切にしたい」といった目的だとしたら、毎朝会社に通い決められた時間働いて夜家に戻るといった生活スタイルは、子供の送り迎えができない、子供との時間が持てない、そもそも自由な時間がない!なんてことになりかねません。

せっかく海外に移住したのに、これではちょっと思い描くライフスタイルとは違っているのではないでしょうか?

できることなら、家族とのコミュニケーションがきちんと取れる余裕や、時間と場所にとらわれないでできる仕事がいいですよね!

今回の記事では、海外移住したい人に向いている仕事をご紹介したいと思います!
特に、まだ海外移住していなくて準備段階だよ、という人におすすめの内容になっています。

そして、海外移住して自分で仕事をするってどうしたらいいの?と感じている人に、今回の内容が選択肢の一つとして少しでも参考になれば幸いです٩( ‘ω’ )و

海外移住してもできる仕事って?

先ほども少し触れたのですが、海外移住してもできる仕事ってどんなものを想像しますか?
実は、思っている以上にたくさんの仕事の業種があるので驚く人も多くいるかもしれません…!
というのも、多くの会社が日本人を現地で採用していたり、転職斡旋の会社も海外での仕事を紹介しているので、今では様々な分野で活躍している日本人が本当に多くなってきました。

特に最近の東南アジアでは、日本食レストランや日本語教師、日本の漫画喫茶、日本の伝統舞踊、日本の….というように日本ブームにのって様々な分野で日本人という人材は重宝されています。

現地の会社で働くことはある意味難しくはなくなってきているのかもしれません。

自分で直接現地の会社に応募しなくても海外で働きたいという人に、海外の会社を斡旋してくれる大手のエージェントもいくつもあります。

  • 海外の就職に強い「JACリクルートメント」
  • リクルート(RECRUIT)が運営「リクルートエージェント」
  • 高収入を目指せる「ビズリーチ」

これらの就職斡旋エージェントに登録して現地で仕事に就くことができれば、海外移住を目指す1つの方法として考えられますね。

とはいっても、英語や現地の言葉を話せる方が現地での就職には有利でもあるので、英語が話せないと仕事に就くのが難しい場合も否定できません。
それに、現地で採用となると特に優れたスキルがない限り日本で得られるくらいの給料を得るのは容易なことではないかもしれません。

では、現地駐在員や現地で採用される他に、海外移住してもできる仕事はあるのでしょうか?
まずは、海外移住してもできる仕事の条件から考えてみることにしましょう!

海外移住してもできる仕事の条件(時間と場所にとらわれない働き方)

海外移住してもできる仕事には、次の2つの条件が必要かなぁと思っています。

1) どこでも好きな場所で仕事ができる

場所にとらわないで仕事ができるというのは、世界中どの国でも行って働くことがでる状態で、自分の好きな場所で働くことができることをさしています。

例えば、子供が小さい間は教育のためにマレーシアやタイに移住して仕事しよう。
子供が成人したら夫婦でヨーロッパに行こう…なんていうこともできてしまいます。

それに、「今日はお気に入りのカフェで仕事しよう」と今日働く場所を今日決めることだってできます。
コワーキングスペースと呼ばれる空間でそれぞれの仕事をしている人たちの中にまざって自分の仕事をするということもできるんです。

“パソコンを開いてパッと始められる場所”さえあればどこでも仕事ができてしまいます。

2) 好きな時に仕事ができる

好きな時に仕事ができるとは、時間にとらわれないで自分がしたい時・自分の都合に合わせて仕事をすることをさしています。

海外移住には、時間にとらわれない仕事が向いていると個人的には思っています。

空港での待ち時間やラウンジでちょっとした時間を利用して仕事もできますし、新幹線や飛行機での移動中も仕事時間になります。

他にも子供の送り迎えの合間の時間に仕事して、子供が学校から帰ってきたら一緒に遊んだり宿題をしたりする時間を持てる。

好きな時に仕事ができるなら、子供がお昼寝の間に作業することだってできます。

急用ができたり子供が急に熱を出したりした日は、今日はちょっとお休みの日にしよう、という具合に、自分で仕事をコントロールすることだってできます。

では、こんな理想的とも思える仕事には一体どんな種類があるのでしょうか?

海外移住してもできる仕事の種類

で実際に海外移住してもできる仕事にはどんなものがあるのでしょうか?

個人的に思う、時間と場所にとらわれないで出来る仕事をピックアップしてみました!

Webライター

Webライターは普通のライターさんとさほど変わりなく、文章を書くのがメインのお仕事です。
ライターさんの中でも、ネット上に文章を書くことが専業のライターさんのことをwebライターといいます。

情報収集をしたり取材をしたりして必要な情報を集め、依頼主(クライアントさん)に必要とされる文章を執筆して納品する、という作業をしてるんです。

クラウドソーシングに登録すれば、誰でも簡単にwebライターとしてお仕事を始めることができます。

(ちなみにクラウドソーシングとは、お仕事してほしい人とお仕事したい人を繋ぐ場所で、大手クラウドソーシング会社にはランサーズクラウドワークスなどの会社があります。)

  • どこでもいつでも仕事ができる
  • 仕事の量は自分で決められる
  • 仕事に限りがない
  • 自分の得意分野を活かせる
  • 誰でも簡単に始められる
  • Webライターで大きな収益をあげている人はごく一部しかいない
  • インカムゲインを得るために常に仕事に追われてしまう

Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインをする仕事です。

依頼主(企業や個人のクライアントさん)からの希望を汲んで打ち合わせをしたり、webサイトのデザインからサイト設計・プログラミングなどを行います。

Webライターと同じように、クラウドソーシング(ランサーズクラウドワークスなど)に登録すればお仕事の依頼があるので誰でもすぐに働き始めることができます。

「まだWebデザインの技術がないよ」「今から今からWebデザインを学びたい」という人には、ウェブキャンプ【WEBCAMP ONLINE】というオンラインのスクールがあるので、まずは無料体験を試してみるといいかもしれません。

一度身につけた技術は、世界中どこにいても発揮することができます!

  • 自分のセンスや技術を活かして仕事ができるので、やりがいに繋がる
  • PC1台あれば世界中どこでも働ける
  • 自分自身で独立することが可能
  • センスと技術、コミュニケーション力が必要
  • 依頼者の要望や納期があると、時間のコントロールが難しい

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアとは、依頼者(クライアントさん)の依頼を受けて、クライアントが希望するシステムを設計したり開発したりするのがお仕事です。

クラウドソーシングへ登録すれば、依頼者からの仕事がたくさん出てくるのですぐに仕事を始めることができます。

システムエンジニアは技術職なので、依頼がなくても自分でシステムを構築して販売するなんていうことも将来的には十分可能です。

まだ技術がないという人には、プログラミングをオンラインで習得することもできます。プログラミングを学ぶのに人気の、コードキャンプ【CodeCamp】侍エンジニア塾【Samurai】は、無料体験も実施しているので、興味のある人は一度相談に乗ってもらうといいかもしれません。

  • 技術力(スキル)があれば大きな収益を得られる
  • 手に職をつけられるので仕事がなくなる不安が少ない
  • フリーランスとして独立・仕事が出来る
  • コミュニケーション能力やマネジメント力が必要
  • 仕事をするために技術が必要
  • 人と関わることが多いので自分の時間をコントロールしにくい

ブロガー

ブログ(blog)を運営することを職業にした人のことをブロガーと呼んでいます。

ブログは主に、自分の好きなこと・日常・旅行など、自分の体験談を文章にしブログにアップするだけなので、誰でも気軽に始めることができます。

自分のブログに来てくれた人がブログに表示される広告をクリックしてくれれば収益が上がる、というシステムです。
広告とは、Googleアドセンスやアフェリエイト広告のことです。

ブログの人気が出ると、訪問者が増えるので収入も増えていく仕組みになっています。

企業の広告宣伝を自分のブログ上で行うので、個人で広告宣伝業をしているイメージですね。

  • 誰でも簡単に始められる
  • 無料ブログを利用すれば初期費用がほとんどかからない
  • 自分の好きなことをテーマにブログが作れる
  • ブログから収益化するにはマーケティング力が必要
  • 人気が出るのはごく一部の人で、安定収入が得られにくい
  • コツコツと地道な作業が必要

アフィリエイター

アフェリエイターとは、Webサイト上で企業の広告を宣伝・紹介し、もし購入してくれる人がいれば自分にも一部収益が入る、というアフェリエイトの仕組みを利用して仕事をしている人のことを呼んでいます。
先ほどご紹介したブロガーと似たような感じがしますね。

実際、アフェリエイターとブロガーの違いは、作るwebサイトの違いにあります。

ブロガーは自分の好きをメインにブログをつくり発信しています。
一方でアフェリエイターは、自分の好きだけを仕事にしている訳ではないんです。

例えば、「誰かの悩みに寄り添ってそれを解決するためのサイト」「自分が過去に悩んでいたことをこんな方法で解決したよ」なんていうWebサイトを作ったりしています。

なので、顔や名前を出して運営されているサイトはほとんどありません。
管理人のキャラクターがいたり、自分と似たキャラクターを置いていたりします。

一部の悪徳なサイトのせいで、「アフェリエイト=怪しい」というイメージが先行してしまったことがありますが、実際は企業の広告を宣伝して成果が発生すればその一部が紹介料として頂けるという、他のビジネスと何ら変わりないことを強調しておきますっ。

私が海外移住をするにあたって、アフェリエイトという仕事を選択した理由については、こちらの「海外移住してもできる仕事で私が「アフィリエイト」を選んだ3つの理由」の記事でママ目線で詳しくまとめています٩( ‘ω’ )و

  • 仕組み化することができれば、自由な時間を作りやすい
  • 5000円あればすぐ始められる(もっと少なくても済むかも)
  • 個人でも大きく収益をあげている人はたくさんいる
  • コツコツと地道に作業を続けないといけない
  • 続けても必ず成果が得られるという訳ではない
  • マーケティング・記事執筆・修正・webデザイン・戦略を全て自分でしなければならい
海外移住してもできる仕事で私が「アフィリエイト」を選んだ3つの理由海外移住にぴったりの仕事=アフィリエイト 海外移住してもできる仕事については、「海外移住にぴったりな仕事は?時間と場所にとらわ...

ユーチューバー(YouTuber)

よく耳にするようになってきましたよね、ユーチューバー。
子供のなりたい職業にも、このユーチューバーが2017年には6位にランキングインしているんです。

ユーチューバーとは、ユーチューブ(YouTube)と呼ばれる無料の動画共有サイトに自分で作った動画をアップして、動画再生によって得られる広告収入で生活する人のことです。

ユーチューブを見ていると、「5秒後にスキップして…」なんていう広告が出てきますよね!あの広告クリックや、googleアドセンス広告などで収益があがる仕組みになっているんです。

  • 誰でもすぐに始めることが出来る
  • 自分の好きを表現できる
  • どこでもいつでも仕事が出来る
  • 広告クリック単価に明確な決まりがない
  • 大きな収益を上げている人はごく僅か
  • トレンドに左右されやすい
  • 収益を上げ続けるのは難しい

FXトレーダー

FXトレーダーと聞くと、ちょっと怪しい感じのイメージを持つ人も多いかもしれません。でも、FXトレーダーも立派なお仕事です。

保険会社や証券会社の大手企業の中にも、FXトレーダーの社員がいて、みなさんから預かっている資金を運用している担当者のことです。
会社員と聞くと怪しい感じはしないですよね!

企業に属していても、個人でしていても、どちらも同じトレーダーに違いありません。

やっている仕事内容は、かなりざっくりいうと”両替”です。
シナリオに基づいて売り買いをしていきます。

例えば、「1ドルが110円の時に買って、111円になったら売る」その時の差額1円が収入になります。(実際には、スプレッドと呼ばれる取引手数料を支払うので、1円ースプレッドが収入です。)反対に高い時に売って安い時に買うという方法も。

取引高世界NO.1の「GMOクリック証券」や、ローラのCMでで有名な「DMM FM」などで口座開設をしてスタートするので誰でも始めることができます。

最近ではスマホでも簡単に取引が出来るんですね…!

  • いつでもどこでも仕事ができる
  • 大きな収益を上げることが可能
  • 技術が身につけば仕事がなくなることがない
  • 自分だけで仕事が完結する
  • 技術力とセンスがかなり必要
  • 売り買いのタイミングは一瞬で目が離せない
  • リスクが伴う(損切りのタイミングは自分次第)

海外移住しても自分次第で仕事はできる!

これまでは、「決められた場所」で「決められた時間」「同じ人が隣にいる」のが当たり前の会社員として働いていると、一体どうやったら海外に移住して仕事をすることができるんだろう?と疑問を持つ人も多いと思います。

でも、実際に海外に移住して自分で仕事をしている人は多くいますし、子供がいても海外移住して働くことは仕組み次第で実現可能なんです。

海外移住を計画していて、何か海外移住してもできる仕事を探しているのであれば、今回ご紹介した内容が少しでもヒントになれば幸いです。

水野ちか
水野ちか
最後まで読んでくださってありがとうございます!

▼こちらの記事では、海外移住するための方法をまとめています。

【理想の海外移住はこうやって作る】海外移住のはじめ方まとめ 地震や災害のある日本から飛び出して、海外にも生活出来る場所がある。子供を海外の学校に通わせて、多国籍の環境の中でのびのびと個性を...