お金のこと

【超初心者向け】太陽光発電の仕組みと運用の始め方まとめ

水野ちか
水野ちか
海外移住しようと決めてから5年、今はサイト運営の仕事をしながら資産運用などもしています、水野です!

このページでは「海外移住するための手段として太陽光発電に興味があるけど何から始めたらいいのか分からない…」という人に向けて、超初心者向けに太陽光発電のしくみと始め方をまとめました。

「太陽光発電ってどんな仕組みなの?」という人や「太陽光発電をしてみたいけど何から始めたらいいのか分からない」といった人に向けて、太陽光発電で資産運用するとは?というところから説明しています。

太陽光発電のノウハウというよりは、まずはざっくり太陽光発電で資産運用する流れを把握するためのまとめページなので、まさに超初心者向けの内容になっています。

太陽光発電を実際に始めてみたい、自分も太陽光で資産運用が始められるのか知りたい、いくら位の融資が組めるか知りたいという人は、よろしければコチラのお問い合わせフォームからメッセージを頂ければ、私も実際にお世話になっている業者さんをご紹介させていただきます!

太陽光発電の始め方

水野ちか
水野ちか
まずは、太陽光発電ってどんな仕組みで成り立っているのかをざっくり把握しましょう。

太陽光発電の仕組みを理解しよう

太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスといったものは再生可能エネルギーと呼ばれていて、その再生可能エネルギーを国が20年間固定価格で買い取ってくれることを「固定価格買取制度」と呼んでいます。

太陽光発電をざっくりと簡単に説明するなら、太陽の光エネルギーを太陽電池に吸収させて電気エネルギーに直接交換するという発電方法です。

太陽光発電は家庭用から大規模発電用まで様々なものがあります。

東日本大震災による原発停止で起こった電力不足や大規模な停電以降、再生可能エネルギーを強化を目的に、各地域でエネルギーを地産地消化する循環社会の実現を目指しているんです。

「電力を消費すること」から「電力を生み出すこと」への価値が高まって、個人でも太陽光発電を進める時代になってきたんですね。

太陽光発電では、発電するときに温室効果ガスや大気汚染物質を発生させることがないので、クリーンエネルギーとしても魅力的です。

買取の料金は消費者が電気代で負担

再エネ賦課金

太陽光発電では、全量買取制と呼ばれる制度のもとで運営されています。
全量買取制とは、発電した電力の全てを買い取ってくれるというもので、住宅の屋根に載せるタイプの太陽光でも10kW以上であれば全量買取の対象です。

ん?発電したものを買い取ってもらう費用は一体どこから出てくるの?、と思う人もいるかもしれませんが実は、買取の費用は電気を使っている全ての人の電気代の一部から賄われているんです。

これは「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」とよばれていて、私たちも普段電気を使っていると、知らず知らずのうちに、電気代として負担しています。
電気料金の紙をよーくみてみると、「再エネ賦課金」という蘭があって、毎月数百円引かれていると思います。

電力会社が買い取った再生可能エネルギーの費用を電気料金に上乗せして消費者が負担しているというわけですね。

こうしてみんなから集められた再エネ賦課金は、買取制度で電気を買い取るための費用になり、最終的には、太陽光発電で電気をつくる人に届くという仕組みです。

再生可能エネルギーを広く普及するための費用を払っているのは、国でも電力会社でもなく、私たち消費者なんですね。

電力を消費する側から電力を生み出す側へシフトした方がお得な気がしますね。

太陽光発電で資産運用する魅力

水野ちか
水野ちか
 太陽光発電が魅力的だなぁと思うのは、生み出された電力を「20年間」「固定価格」で「全量」買い取ってくれる国の制度があるからなんです!

国が20年間買取を保証している制度のことを「固定価格買取制度(FIT)」といいます。

2018年度の10kw以上の産業用太陽光発電の売電価格は、18円+税(1kw時当たり)で、この売電価格は買取期間の20年間ずっと続きます。

2012年に固定買取制度がスタートしたときには40円+税だったのですが、年々下がっていく傾向にあるんです。
最終的には、10円台まで下がることが予想されています。

買取価格が下がっても資産運用できる理由

国は買取価格を今後も下げていくようにすすめていますが、その買取価格が下がったとしても資産を運用するのに太陽光発電が魅力的なのにはきちんとした理由があるんです。

太陽光設備費が下がっている

太陽光はもう遅いんじゃ?と思う人も多くいると思うのですが、そうでもなくて、買取価格が下がってきているのと同様に太陽光の設備費用も下がってきているので、売電価格が全てではありません。

パネル性能が格段にアップ!

技術の進歩によって太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの性能が格段に向上し電力の交換効率が良くなってきています。

晴れの日には劣ってしまいますが、曇りの日でもちゃんと発電してくれています。
どんな太陽光発電でもというわけではないですが、選ぶ太陽光設備によってはまだまだ太陽光で資産運用は可能です。

太陽光発電のメリットとデメリット

ここで少し太陽光発電での資産運用でのメリットデメリットにも触れておきたいと思います!

  • 国が固定価格で買取を20年保証している
  • 保険に加入すれば限りなくリスクフリー
  • 1年運用すれば、おおまかな収益が見える
  • 融資でも始められる

国の政策という安心感と、保険に加入することで限りなくリスクフリーで運用できるのが魅力です。
融資を組んで少額でスタートすることもできるので、資金を運用する面でいわゆるレバレッジ効果が期待できます。
1年運用してみると、毎年の流れがだいたい把握できるので、残りの20年間はこんな感じにすぎていくんだなぁ、と収益がおおまかにわかることも嬉しいです。

  • 季節や天候で収益に少し波がある
  • 申し込みから実際の売電開始まで時間がかかる
  • 業者さん選びを間違うと大変なことに

まずは1年間運用してみると、1年間のざっくりとした流れがわかってきます。
夏場は太陽光でいう最盛期。売電量もグンっと伸びるのですが、一方で冬場は曇りの日も多く夏よりも売電量が減ります。
とはいっても、曇りの日でもちゃんと発電はしてくれるんですよ。

太陽光での収益は、毎月毎月を見るというよりは、年間通して見るようにするといいですね。

設備費用の他に、保険に加入する費用・パワーコンディショナーの買い替え費用がかかってくるので、運用益の中から少しずつ貯めておくのがおすすめです。

太陽光設備を購入する方法

ここまでざっくり太陽光発電の仕組みについてお伝えしてきました。
それでは、太陽光設備を購入するにはどうすればいいのでしょうか?

それは、太陽光設備を販売している業者さんから購入する方法が一番スムーズな方法です。
信頼できる業者さんにお願いするのが一番安心です!

太陽光設備を販売している会社は全国にたくさん存在していますが、太陽光発電で失敗しないためには業者さん選びが一番大切だと思っています。

本当に太陽光設備の販売業者さんが全て…といっても過言ではないと思うんです。

太陽光発電で資産運用しようとすると、

  • 太陽光のパネルはどこのものを使うか
  • パワーコンディショナーは何を使うか
  • 設置場所は良いか
  • 架台(かだい)と呼ばれるソーラーパネルを載せる台の施工方法はしっかりしているか
  • 管理体制(点検・草刈り・設置場所付近の地域住民とのやりとり)が確立しているか
  • 台風、洪水などもしもの時の対応が早いか
  • 火災保険・休業保証保険の内容を熟知しているか

など、ちょっとしたことでも心配なことが出てくるのですが、これらを網羅していて対応が早い会社があると安心ですよね。

私がお世話になっている太陽光業者さんのここがすごい!と思うものを別ページにてまとめていますのでよかったら「他の太陽光業者さんとここが違う!実績と信頼ある業者さんにお願いすることの大切さ」の記事を参考にしてみてくださいね。

他の太陽光業者さんとここが違う!実績と信頼ある業者さんにお願いすることの大切さ太陽光発電は実績ある業者さん選びが大切!と何度もお話しています。 というのも、太陽光発電での資産運用で失敗しないためには本当に本当...

太陽光発電は、どの業者さんから購入するかがカギ

太陽光発電で失敗しないためには業者さん選びが重要だとお伝えしました。

20年間という長い付き合いにもなるので、業者さんをしっかりと見極めて話をしてみて自分が気に入った業者さんでスタートするのがおすすめです。

「購入したら、はいっおしまい」と何も対応してくれない会社や、火災保険の説明がなかったり、対応に時間がかかって不安になる会社も実際はあったりします。

「はいっおしまい」という対応の会社だと、太陽光を設置している場所の地域住民から直接クレームの電話がかかってきてしまうなんていうこともあるそうです。

そんな対応に手がかかってしまっては本来自分がすべき仕事がおろそかになったり、時間と手間を取られてしまうだけでなく、よくわからないことに巻き込まれてしまっても困りますよね。

発電終了まできめ細やかにサポートしてくれる会社でないと、太陽光発電で資産運用はおすすめできません。

太陽光発電で資産運用まとめ

太陽光発電のおおまかな概要はご理解いただけましだでしょうか?

たぶん、必要なのは知識と行動力。これに尽きると思うんです。
初めてのことに挑戦するのは勇気がいるものです。

私も初めて太陽光の話を聞いたときにはなかなか行動に移せませんでした。
でもこうやって今があるのは、あのとき一歩踏み出したからだと思うんです。

将来、家族で海外移住したい人や、教育移住したいと考えていいる人の資産形成に向けた一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

水野ちか
水野ちか
太陽光発電についてもっと詳しくしりたいという人は、よかったらよコチラのお問い合わせフォームからメッセージを頂ければと思います。
私も実際にお世話になっている業者さんをご紹介させていただきます!